建物は地震にどこまで安全か? ~専門家と一般の方との橋渡し~


質問・相談 

建物の地震に対する安全性に関しては、専門的で難しいという話をよく聞きます。ここでは、日頃耳にしたことはあるが良く分からない建物の構造安全に纏わる諸々のことや、耐震診断に関わる基礎的なご質問に回答し、一般の方の理解を進めるお手伝いをします。お気軽にご質問、ご相談ください。

 

建物の構造安全にまつわる質問

<質問の範囲>

・建築構造や耐震問題に関わる用語や分からないこと、

・疑問に思うこと、クリヤーにしたい知識、

・現状の心配点、アドバイス、等々

<質問の例>

・地震に危ない建物の見分け方はありますか? 回答はこちら→A.1

・建築法規を守っていれば大地震にも安全な建物ができますか?

・新耐震と旧耐震の違いはなんですか?

・耐震、制震、免震の違いはなんですか?

・コンクリートブロック塀の危険性はどのように見分けられますか?

・家具などの転倒防止はどのようにすればよいですか? 等々

 

耐震診断にまつわる質問

<質問の範囲>

・耐震診断に関する一般的なこと

・耐震診断の意義、方法、進め方、手順、等々

<質問の例>

・構造耐震指標Isってなんですか?

・耐震診断とリフォームの違いはなんですか?

・耐震診断はどのような場合に必要ですか?

・耐震診断はどのように進めるのか?

・耐震設計と耐震診断の違いはなんですか? 等々

 

よろず相談

<相談の例>

・子供の通っている塾のビルが、耐震性が不足しており、時期は決まってないが建て直しの計画がある

 とのこと。現在も塾の授業は続いており、子供は通っているが大丈夫か?(子を持つ母)

・昭和40年代に建てられた鉄骨造3階建て建物のリフォームを考えているが、耐震改修も一緒にした

 方がよいか?(男性)

・建築に興味があり、将来建築士になりたい。どのように勉強したらよいか?(小学女子) 等々

 

対象とする方々

建物の構造安全性や耐震診断に関心、疑問をお持ちの方、検討を考えていらっしゃる方

 

問合せ先

ご質問されたい方は、「お問合せ」より、お名前、メールアドレス、メッセージ(質問

内容を具体的に)を記してお申込みください。なお、ご質問は原則として無料です。

ご質問された方の個人情報に関しては、個人情報保護の観点から適切に管理致します。

また、ご質問の内容については、係争や紛争に関わるもの、またその恐れのあるものに

ついてはご遠慮願います。